アパート・マンションに導入するメリット

産業用・公共用に導入するメリット

野立てに設置するメリット

カーポートに設置するメリット

遠隔見守り「エコめがね」全量モバイルパック

メインメニュー

太陽光発電施工事例

神奈川県相模原市 H 様
アップソーラー
48.0kW
山梨県南都留郡 K 様
パナソニック
15.12kW
栃木県宇都宮市 N 様
パナソニック
12.0kW
埼玉県熊谷市 M社 様
アップソーラー
46.08kW
熊本県熊本市 B 様
カナディアン・ソーラー
48.96kW
和歌山県有田郡 H 様
トリナソーラー
20.4kW
埼玉県本庄市 K様
ソーラーフロンティア
10.075kW
横浜市都筑区 K様
トリナソーラー
49.92kW
千葉県東金市 H様
アップソーラー
11.52kW
千葉県いすみ市 K様
トリナソーラー
10.25kW
千葉県君津市 K様
Nodatex46
46.08kW
神奈川県横浜市 W様
サンヨー
3.45kW
神奈川県川崎市 W様
カナディアン・ソーラー
6.84kW
神奈川県大和市 A様
ハンファソーラーワン
9.945kW
神奈川県横浜市 T様
ハンファソーラーワン
9.945kW
山梨県 Y様
ソーラーネオポート(長州産業パネル)
9.812kW
愛知県名古屋市 H様
長州産業
9.03kW
埼玉県所沢市 H様
SOLAFUL
8.14kW
東京都多摩市 M様
カナディアン・ソーラー
9.69kW

アパート・マンションに導入するメリット!

大出力のシステム導入が可能!

一般的な住宅に導入できる太陽光発電システムは平均で約4kW程度ですが、アパートやマンションの場合は広い屋根を利用できるので約2倍の7~8kWのシステムが導入可能です。大きなシステムを導入できるという事はより多くの発電量を得ることができるため、その分余剰電力が増えて売電が多くなることが期待できます。

一般住宅の約2倍!

売電収入が期待できる!

共用連系で太陽光発電システムを導入した場合は発電をしたすべての電気をオーナー様が所有するパワーコンディショナへと接続して、共用施設の一部で使用される電気以外はすべて余剰電力として売電をすることが可能です。 出力の大きいシステムの導入が可能なため余剰電力量も多く売電収入に期待ができます。

売電、買電グラフ

入居者に選ばれて長期入居化が期待できる!

各戸連系で導入した場合は入居者にメリットがあります。
こちらの方法では各部屋にパワーコンディショナを設置して各戸がそれぞれ独立して系統連系をします。屋根に設置したパネルを各戸何枚という様に割り当てることで、そのパネルで発電した電力はその割り当てられた部屋で使用することができ、余った分は余剰電力として各部屋の入居者が売電収入を得られるようになります。
また、太陽光パネルを設置することでの断熱効果によって屋根の下にある部屋の暑さを軽減させることができます。今まで屋根下の部屋の暑さが原因で入居を断られてしまっていたという場合に改善が期待できます。こちらの導入方法では直接オーナー様にはメリットはありませんが、話題の太陽光発電導入で入居者から選ばれるアパート・マンションになり、空き室の減少や長期入居化を期待することができます。

非常用電源として利用できる!

災害の影響により停電になってしまった場合でも太陽光発電システムに備わっている自立運転機能を活用することで、停電時でも電力を確保することができます。
太陽光発電が稼働している時間帯であればテレビやラジオの使用が可能なため、正確な情報を入手することができますし、携帯電話などの通信機器の充電をすることも可能です。災害時に正しい情報を収集する事は人命を守る上で非常に大切なことです。このように災害時にもサポートができる体制があることで、入居者の方の安心度を上げることができます。

非常時の電力確保

節税効果がある!

太陽光発電システムの取得価額を初年度に即時償却できます! 平成24年7月から再生可能エネルギーの固定価格買取制度が開始されたことに伴い、平成24年5月から、グリーン投資減税の対象設備(太陽光・風力発電設備)の定義が 変わり、太陽光・風力発電設備について、所定の要件を満たせば、取得価額を初年度に即時償却できるようになりました。

グリーン投資減税

太陽光発電コーディネーターによるご提案

最大20年フレーム保証

陸屋根用架台

見積りフォーム

対応エリア

一般住宅向け太陽光発電はこちらの発掘隊

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

値引き交渉大歓迎です!

太陽光発電用に屋根や土地を貸したい方・借りたい方募集中!