アパート・マンションに導入するメリット

産業用・公共用に導入するメリット

野立てに設置するメリット

カーポートに設置するメリット

遠隔見守り「エコめがね」全量モバイルパック

メインメニュー

太陽光発電施工事例

神奈川県相模原市 H 様
アップソーラー
48.0kW
山梨県南都留郡 K 様
パナソニック
15.12kW
栃木県宇都宮市 N 様
パナソニック
12.0kW
埼玉県熊谷市 M社 様
アップソーラー
46.08kW
熊本県熊本市 B 様
カナディアン・ソーラー
48.96kW
和歌山県有田郡 H 様
トリナソーラー
20.4kW
埼玉県本庄市 K様
ソーラーフロンティア
10.075kW
横浜市都筑区 K様
トリナソーラー
49.92kW
千葉県東金市 H様
アップソーラー
11.52kW
千葉県いすみ市 K様
トリナソーラー
10.25kW
千葉県君津市 K様
Nodatex46
46.08kW
神奈川県横浜市 W様
サンヨー
3.45kW
神奈川県川崎市 W様
カナディアン・ソーラー
6.84kW
神奈川県大和市 A様
ハンファソーラーワン
9.945kW
神奈川県横浜市 T様
ハンファソーラーワン
9.945kW
山梨県 Y様
ソーラーネオポート(長州産業パネル)
9.812kW
愛知県名古屋市 H様
長州産業
9.03kW
埼玉県所沢市 H様
SOLAFUL
8.14kW
東京都多摩市 M様
カナディアン・ソーラー
9.69kW
グリーン投資減税について

グリーン投資減税とは

エネルギー安定供給の確保と低炭素成長社会の実現を目指すために、最新技術を駆使した高効率な省エネ・低炭素設備や再生可能エネルギー設備への投資を重点的に支援する目的で創設されました。
平成26年4月1日に「所得税法等の一部を改正する法律」が交付・施工されたことに伴い、グリーン投資減税の対象設備が変更されました。

新しいグリーン投資減税の対象者と税制優遇の内容

対象者:青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合

制度概要:以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できます。
1:普通償却に加えて取得価格の30%相当額の特別償却
2:即時償却(100%償却、全額償却)
3:中小企業者等に限り、取得価格の7%相当額の税額控除

グリーン投資減税適用の考え方(太陽光発電設備の場合)

グリーン投資減税は、対象設備を取得した日から1年以内に事業の用に供した場合、事業の用に供した日を含む事業年度において適用が受けられることになっています。減税が適用できる取得等の期限は平成28年3月31日(即時償却の場合は平成27年3月31日)となります。
◆個人事業者の場合:該当年度の所得税の確定ン国事に申告
◆法人の場合:該当年度の法人税の確定申告時に申告

グリーン投資減税適用期間についての考え方

※なお、平成25年4月1日以降に国または地方公共団体の補助金等をもって取得等した設備は本税制の対象外となりますのでご注意ください。

グリーン投資減税の対象(太陽光発電設備の場合)

固定価格買取制度の認定は、10kW以上の場合、余剰売電・全量売電のどちらかを設置者が選べることになりました。
「太陽光発電設備」の導入を個人でご検討の方は、売電に係る所得区分が事業所得に該当するかは、その売電が社会通念上事業と認められるかどうかにより判断することとなりますのでご注意ください。また、適用の可否は個別のケースにより異なりますので、詳しくは所轄の税務署に相談してください。

グリーン投資減税の対象

※1 グリーン投資減税の要件である、青色申請をしているかどうかや、告示で定める設備要件を満たすか等、税制の適用を受ける上で必要な要件が別途ございます。詳細はお近くの税務署にお尋ねください。
※2 固定価格買取制度の認定は、発電設備を設置するエリアを管轄する地方経済産業局へ申請をお願いします。申請してから認定まで、1ヶ月程度かかります。
※3 固定価格買取制度の認定を受けないと、電力会社との特定契約が結べないことになっておりますので、ご注意ください。

太陽光発電コーディネーターによるご提案

最大20年フレーム保証

陸屋根用架台

見積りフォーム

対応エリア

一般住宅向け太陽光発電はこちらの発掘隊

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

値引き交渉大歓迎です!

太陽光発電用に屋根や土地を貸したい方・借りたい方募集中!