金銭的負担0円で太陽光発電

住宅ローンの乗り換えを使って、金銭的負担0円で太陽光発電の設置が実現できます。

0円太陽光発電ってなに??

太陽光発電を設置したい...でも購入コストが気になる...そんな方にオススメの太陽光発電導入方法です!

一般的な住宅の屋根に設置する太陽光発電は平均して5~6kwほどのシステムと言われています。 メーカーや設置の条件によって前後しますが6kwのシステムだと、100万~250万円ほどのご予算が必要となります。 ご予算を実質0円にして太陽光発電を導入する、それが0円太陽光発電です。

※当社の0円太陽光は売電収入でローンの返済をまかなう実質0円とは異なります。


ご存知ですか?マイナス金利政策!

住宅ローンの金利に影響あり!

簡単に説明すると、民間銀行は日銀に一定割合の現金を預けており、一定以上預けると利息を得ることができます。 しかし、今秋のマイナス金利政策により今後一定以上の金額を預けた分に関してはマイナス金利が発生します。 これにより、民間銀行は日銀に現金を預けると逆に日銀に金利を払わなければならない状況になりました。


金利の影響


低金利の住宅ローン増加中!

現在ご利用中の住宅ローンをこの低金利のものに借り換えしていただきます。


借り換えするとどうなるのか?


現在のプラン




10年前に 1.475%の金利で3,500万円の住宅を購入し、月に106,736円の返済をしているとします。残りは25年です。


たとえば...200万円の太陽光システムを導入する場合、下記のような計算になります。


住宅購入金額 3,500万円
支払済金額 -  830万円
太陽光発電金額 +  200万円
合計金額 2,870万円

今後のプラン







上記の金額2,870万円を0.625%の金利で組み換えをすると左記の表のようになります。


月々の返済額は3,376円のマイナスに!!
200万円プラスしたのに月々の返済額が減るんです!
さらに、発電した電気の売電で支払い負担は軽減します。


設置した6kw太陽光発電システムが、実際に年間どのくらい発電し、どれだけの売電収入があるのでしょうか?
また、月々の電気代も安くなります。合計どれだけ節約できているのか算出してみましょう。


シュミレーション


■家族構成:ご主人・昼間パートをされている奥様・小学生と中学生のお子様の4名 ■昼間やや電気を消費する
■延床面積100㎡まで■平日昼間の電気を20%使用する ■現在の電気代が月平均7,000円 ■現在のガス料金が月平均6,000円
■屋根材:スレート ■設置方位:南一面


年間推定節約金額


発電して得られた金額  230,745円
買わずに済んだ電気料金 +     30,840円
月々の返済額軽減額 + 3,376円×12ヶ月
年間推定節約金額 =   302,097円!


まとめ

0円太陽光発電とは...

  • ①現在の住宅ローンを低金利に乗り換え
  • ②その金利の差益で太陽光発電の導入
  • ③知己月の支払額が下がり、売電収入も得られる
  •    ↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓   
  • 200万円のシステムを購入したのに、年間30万円の経済効果!!!

他社様は売電収入のみでローンの支払いをまかなう考え方ですが、当社のご提案する0円太陽光発電は組み替え差益プラス売電収入も得られ、とてもお得になっています。
住宅ローンが残っていて太陽光発電に興味がある方は、ぜひご検討ください。


お問合わせはこちら




太陽光発電システムを実質0円で導入する方法

住宅ローンを借り換えることで実質0円で太陽光発電システムの設置が出来る場合があります。

住宅ローンの借り換え

今ある住宅ローンを一括完済し、金利の安い住宅ローンに組み直すことです。
住宅ローンの借り換えにはいくつかの条件があります。
【必須条件】
①金利が元の契約ローンより1%以上安くなっている
②残りのローン金額が1000万円以上ある
③残りのローン期間が10年以上ある
以上の必須条件の他に、元の契約時よりも勤続年数や年収などの審査が厳しくなるようです。

借り換えにより多くのメリットが得られる方の条件としては
①元の契約ローンの金利が2.0%以上
②残りのローン期間が15年以上
以上の項目に当てはまる方は借り換えによるメリットが多い為、太陽光発電に加えてオール電化の導入も検討してみても良いのではないでしょうか。
オール電化の導入により、より一層電気代の節約にも繋がり家計にも環境にも優しい生活になります。

住宅ローン借り換えによる太陽光発電システムの設置

住宅ローンの借り換えをすると共に、太陽光発電の設置資金のローンを住宅ローンに上乗せして契約をすると、借り換えをすることによって金利が安くなるので当然支払い合計金額は安くなります。その差額を太陽光発電の設置資金に充てるという方法が実質0円で太陽光発電を設置するという仕組みです。元々支払う予定だった金額のローンで太陽光発電を設置でき、設置したことによる売電収入を得ることもできます。さらに住宅ローンが低金利の今は導入がしやすいと言えます。金利は常に変動しますが、現在の住宅ローンの金利は未だかつてないくらい低金利になっていると言われておりますので設置をする良いきっかけになるのではないでしょうか。

住宅ローン借り換え時の注意点

住宅ローンの借り換えは金利が安くなり、メリットばかりのように見えますが、しっかりと注意をしないといけない点があります。それは、元々の分割での契約から一括完済に変更になりますので、ローンの完済時の一括返済手数料や、住宅ローンの再契約となりますので新たに印紙代や事務手数料などの諸費用が発生するという点です。

以上のことから借り換えをして太陽光発電を導入し、ご自身にメリットがどれくらいあるのか、完済時の手数料や再契約時の印紙代や事務手数料等の諸費用を考えてお支払いの総金額の差額を計算し、見極める必要があります。ご自身で見極めるのが難しい場合は、お気軽に弊社にお問合せください。

お問合わせはこちら